オフィスレイアウトのデザイン

学生は一日の大半を学校で過ごすように、オフィスワーカーはかなりの時間を自分のオフィスで過ごします。オフィスワークと言っても様々な種類があります。


ルーティンワーク的な事務、一人でじっくり思索するクリエイティブな仕事、チームワークで行う業務などなど。
仕事の効率は環境に依存します。


オフィスレイアウトで仕事の成果は変わってきます。

オフィスのデザインによっても仕事へ対する意欲に変化が出てきます。



ではどのようなオフィスレイアウト・デザインがどのような仕事とマッチするのでしょうか。

オフィスと言ってもただ机が机が並んでいるだけではありません。そこにはミーティングルーム、応接室、収納スペース、リラックススペース、給湯室等様々。

あなたの知らないYahoo!ニュースの特徴を紹介するサイトです。

またただ機能的なだけでは過ごしにくく、遊びの空間なども取り入れた方が良い場合もあります。

また働く人が行き交うのですが、同線が交わるようでは仕事に支障が生じます。
オフィスレイアウトをデザインする場合はそういった事も考える必要が出てきます。

チームプレーが必要な場合は机で島を作って、相談がし易いような環境がいいでしょう。

気密性の高い仕事をする場合はクローズされた空間を確保する必要があるでしょう。

上司のマネジメント力を発揮するには全体が見通し易いオフィスが好ましいでしょう。

これらを最適に作るには専門業者に依頼し、ヒヤリングを重ねて形作っていく事が近道です。



その過程で今まで見えなかった問題点や思いつかなかった改善点が見えてくることもあります。