オフィスレイアウトのデザインポイント

オフィスレイアウトのデザインをする際には、いくつかのポイントがあります。
まずは、そこで執務する人が大勢いるということになるので、快適性が保てるかということになります。

特に内勤者にとっては終日仕事をする場になるので、オフィスレイアウトでは、身体的な快適性と精神的な快適性の両方を満たすデザインが要求されます。

加えると、どうかするとそのオフィスでの幹部クラスの頭でデザインが描かれやすい、あるいはその意向を反映するものとなりがちですが、女性の目線や一般社員の目線というものも大事になります。



次が、機能性ということになります。

OKWaveに関してはこちらのサイトをご覧ください。

机の配置、そこを出入りする際に特に気になる椅子と椅子の間のスペース、共通使用する書庫とか資料棚への往来便利性なども考慮が必要です。



そして、何と言ってもオフィスレイアウトでは、外観性という点にも配慮が必要になります。
見た目の美しさと言ってもいいのですが、機能美とともに明るさや整然とした印象ということが大事です。

オフィスと言えども、お客様が入室されることもあるわけですから、お客様がこのオフィスであればいい知恵が出てきそうだとか、効率的な業務遂行が可能だと思えるようなものが必要になります。
そして、相反することになりそうですが、セキュリティということも大事なポイントです。最近は個人情報保護ということもあって、プライバシーマークというようなことも求められるようになってきています。
そのことも意識しないと、これからのオフィスレイアウトでは不完全ということになります。